2020年07月号2020.7.1
左上のアオムシちゃんは、保育園のどこにいるか知っていますか? ヒントは登降園の際の通り道です。
赤ちゃんのクロくんもチラホラいますので、探してみてくださいね。
さて、久良岐保育園の7月の保育は、レベル1(6月の園だよりの別紙で示しております)です。
緊急事態宣言の解除、その後の自粛要請期間は終了しますが、現状の保育活動などは継続します。

体調管理、衛生管理、配慮事項のお約束も引き続き守りましょう。

主任 中村則子

詳しくはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り7月号」プラス別紙

 2020年06月号2020.5.28
緊急事態宣言の指定が解除され、市立小学校においても6 月から分散登校が始まるようです。
今月号は6月の園だよりにプラスして「保育園登園自粛要請レベル」について記した別紙を添付いたしました。


詳しくはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」プラス別紙

 2020年04月号2020.3.31
うれしい春がやってきたというのに、外出に気を使う日々が続いています。しかし顔をあげて遠くを見ると桜は咲き、鳥は鳴いています。
今年は久良岐母子福祉会も70回目の春。新園舎での保育も3年目を迎えます。
さて、クラス担任は4月1日のお知らせですが、0歳つくし組と1歳もも組は前年度と同じようにふたつのお部屋を使って保育の環境を構成します。保育園で過ごす時間は長く、乳児はおとなと情緒的な関わりが必要であり、心地よくお世話をしてもらえる空間と意欲的に探索し、遊べる空間が必要です。最初はもも組保育室を使い、5月以降の0〜1歳児増員に合わせた保育に応じて、徐々にふたつのお部屋を使う予定です。


続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 2020年02月号2020.1.30
暖冬と言われています。そして雪不足との事。
ある年の発表会の朝。関東地方は大雪に見舞われました。それでもこれから晴れるとの予報に行事の決行を決め、これは中止と思っていた保護者の皆さんを驚かせてしまいました。
「批判は受ける」と覚悟をしていましたが、あるお父さんが雪かきスコップ持参で早くに来て、これから来る皆さんの通り道の雪かきをして下さいました。
本当にうれしかった思い出です。
先日、みぞれ混じりの雨とわずかにちらつく雪に「明日は雪で遊べる!」と喜ぶ子どもの姿がありました。
時に猛威をふるう雪ですが、子どもの期待はふくらみます。
そしてやがて春がきます。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

 2020年01月号2020.1.6
あけまして おめでとうございます。
新園舎での保育も2年が経とうとしています。
2019 年は自然災害の大きな年でした。
特に9 月〜10 月のふたつの台風被害は未だに泥に埋もれた家屋と田畑を残しています。
都会では公共交通機関の計画運休と物資輸送の滞りが社会生活を停止させ、保育園においても「登園の自粛」をお願いし休園に至りました。
今年は穏やかで豊かな自然をと願うと共に、児童を安全に保育できない状況がある時には同様の対応を考えていきます。
11 日は保護者会主催のおもちつき大会です。
今年1 年が皆様にとって健康でよい年となりますよう願いをこめてお餅をつきたいと思います。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り1月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.