園便り2009年7月号2009.6.29
ここ数年、地球温暖化が叫ばれる中でたしかに 日本の夏は暑くなりました。
10日に ばら組のお泊り会がありますが、10数年前は園庭にテントを張り子どもたちは その中で一晩を過していました。今 7月の園庭のテントは・・・どうでしょうか。
テントの夜はなくなりましたが、大好きな絵本『あした ぶたの日 ぶた時間』の世界を2日間の活動に取りいれ、夏の始まりに大きな自信を持たせようと思います。
 又 夕食にはカレーライスを作ります。お家で調理などのお手伝いをお願いしたところ、「かなり腕があがった!」と担任が驚いています。秋にはペットボトルで育てているお米もきっと実ることでしょう。次は「おにぎり」かな。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り7月号」

 園便り2009年6月号2009.6.29
強い日差しに冷たい水が心地よい季節になりました。
保育園でも間もなく水遊びやプール遊びが始まります。子どもたちには夏の遊びを思い切り楽しませてあげたいものですが「水」という資源やプールの維持に悩む季節でもあります。たとえば歯みがきの水、30秒流しっ放しで約6g コップ3杯に汲むと約0.6gです。ポタリポタリと蛇口から漏れる水は1日で30gになります。
大自然からの恵である水を大切にする取り組みと、久良岐の大きなプールの維持を両立させながら夏を迎えたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」

 園便り2009年5月号2009.4.30
進級 入園して1 ヶ月がたちました。朝 出勤すると事務所外にある「久良岐地蔵」の水をかえ、花壇の見回りをします。この季節の畑や花壇は日々新しい発見がありこの間まできれいな花を咲かせていた梅は青い実をつけ、園舎の壁に誘引したブドウのツルにはおいしい実を連想させる蕾が顔をのぞかせました。
5月になったのに登園時にまだ涙…というお子さんはこれまでにもいて、花壇のクリスマスローズは涙のとまらない子とある朝 種を蒔いたのでした。種から花が咲くまで3 年かかるクリスマスローズ。
私たち職員も子どもの涙に寄り添い、ゆっくり花を待ちたいと思う朝のひと時です。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り5月号」

 園便り2009年4月号2009.4.8
1日は入園式。 進級した子どもたちと入園したお友だち そして担任が挨拶をして今年度も新しいクラスで保育が始ります。
園庭の桜もきれいに花を咲かせ、子どもたちのお祝いをしているかのようです。久良岐保育園では先日 第58回卒園式を終え、すでに2700名余りの卒園児を送りだしています。この桜の木もこれまで大勢の子どもたちの笑顔や涙、日々の生活を見守って今年も又、花開いたのだと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 園便り2009年2月号2009.1.31
新春お楽しみ会 おもちつきと続き、今度は節分…
春の使者がやってくる頃となりました。
今年度はくらき祭でも餅をつき、新春お楽しみ会では地域の高齢者の方と昔の遊びを楽しみました。このように機会をとらえて日本の伝統行事や遊びを取り入れ、又それらが保護者の方々のご協力のもと行われていることに感謝いたします。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.