園便り2009年10月号2009.9.30
今年で59回目の「久良岐合同運動会」。
久良岐保育園・久良岐乳児院・母子生活支援施設の三施設が合同で行う法人の行事です。
普段は広く感じる園庭で、この日は園児や入所者だけでなく園児の保護者や祖父母の方々がたくさんの応援を下さいます。私たち職員も本当にうれしくなります。
 この頃、「座って見ることができなかった」「座る場所が狭い」というご意見をいただきます。確かに久良岐の運動会のために足を運んで下さる方を思うと何とかできたらと思います。しかし、園庭の大きさは決まっており「久良岐の子」が走るにはこれくらいの大きさがほしいのです。そこで保護者の方にお願いをします。どうぞ たくさんの方が座れるよう ちょっぴりのお心遣いをお願いします。
大きな空の下、みなさんの笑顔が広がりますように。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り10月号」

 園便り2009年9月号2009.9.9
朝夕の空気がひんやり感じられるようになりました。
毎朝 出勤前から汗びっしょりで自転車をこいでくるお父さん お母さん。 
歩けるようになった子どもの手をひいて、楽しい道草をしながら連れてきて下さるお家の方々。 あんなに大変な暑い朝だったのに、夏の終わりはちょっとさみしくありませんか?今月は運動会の練習が始まります。9月の汗は練習の汗でしょうか・・・ 幼児ではその汗の中に、お友だちと一緒に体を使って運動することの楽しさがあります。難しいのは自分の並び順を覚え前にいるお友だちと少し間をとって歩くこと・・・ 一生懸命な子どもの汗には拍手を送らずにはいられません。
今年の運動会は10月10日です。 練習の汗にも応援をお願いいたします。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り9月号」

 園便り2009年8月号2009.7.28
保育園に夏休みはありませんが、私たち職員も交替で夏休みをとります。
子どもの頃の夏休みは格別で、ずっと昔におとなになった私には、白い雲や 夕立が土にしみこむ匂い、なかなか書けない読書感想文、冷麦の中に見つけたピンクの麺、家族と乗った遊覧船の思い出。
今ではとても懐かしく、子どもの頃の夏の記憶が ちょっぴりつらい出来事がある時の自分を支えてくれるように思います。
8 月… どこかに出かける予定がなくても、やっぱり夏休みはいいですよね。
夏休みのお話… 聞かせてくださいね。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り8月号」

 園便り2009年7月号2009.6.29
ここ数年、地球温暖化が叫ばれる中でたしかに 日本の夏は暑くなりました。
10日に ばら組のお泊り会がありますが、10数年前は園庭にテントを張り子どもたちは その中で一晩を過していました。今 7月の園庭のテントは・・・どうでしょうか。
テントの夜はなくなりましたが、大好きな絵本『あした ぶたの日 ぶた時間』の世界を2日間の活動に取りいれ、夏の始まりに大きな自信を持たせようと思います。
 又 夕食にはカレーライスを作ります。お家で調理などのお手伝いをお願いしたところ、「かなり腕があがった!」と担任が驚いています。秋にはペットボトルで育てているお米もきっと実ることでしょう。次は「おにぎり」かな。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り7月号」

 園便り2009年6月号2009.6.29
強い日差しに冷たい水が心地よい季節になりました。
保育園でも間もなく水遊びやプール遊びが始まります。子どもたちには夏の遊びを思い切り楽しませてあげたいものですが「水」という資源やプールの維持に悩む季節でもあります。たとえば歯みがきの水、30秒流しっ放しで約6g コップ3杯に汲むと約0.6gです。ポタリポタリと蛇口から漏れる水は1日で30gになります。
大自然からの恵である水を大切にする取り組みと、久良岐の大きなプールの維持を両立させながら夏を迎えたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」

 園便り2009年5月号2009.4.30
進級 入園して1 ヶ月がたちました。朝 出勤すると事務所外にある「久良岐地蔵」の水をかえ、花壇の見回りをします。この季節の畑や花壇は日々新しい発見がありこの間まできれいな花を咲かせていた梅は青い実をつけ、園舎の壁に誘引したブドウのツルにはおいしい実を連想させる蕾が顔をのぞかせました。
5月になったのに登園時にまだ涙…というお子さんはこれまでにもいて、花壇のクリスマスローズは涙のとまらない子とある朝 種を蒔いたのでした。種から花が咲くまで3 年かかるクリスマスローズ。
私たち職員も子どもの涙に寄り添い、ゆっくり花を待ちたいと思う朝のひと時です。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り5月号」

 園便り2009年4月号2009.4.8
1日は入園式。 進級した子どもたちと入園したお友だち そして担任が挨拶をして今年度も新しいクラスで保育が始ります。
園庭の桜もきれいに花を咲かせ、子どもたちのお祝いをしているかのようです。久良岐保育園では先日 第58回卒園式を終え、すでに2700名余りの卒園児を送りだしています。この桜の木もこれまで大勢の子どもたちの笑顔や涙、日々の生活を見守って今年も又、花開いたのだと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 園便り2009年2月号2009.1.31
新春お楽しみ会 おもちつきと続き、今度は節分…
春の使者がやってくる頃となりました。
今年度はくらき祭でも餅をつき、新春お楽しみ会では地域の高齢者の方と昔の遊びを楽しみました。このように機会をとらえて日本の伝統行事や遊びを取り入れ、又それらが保護者の方々のご協力のもと行われていることに感謝いたします。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

 園便り2009年1月号2008.12.27
あけまして おめでとうございます。
昨年は食品の安全や不況など社会の問題が子どもたちの生活に影を落とすのではないかと心配な1年でした。そのような中で保護者の方々が笑顔で子どもたちを保育園に送り出し、夕方私たち職員も保護者を「お帰りなさい!」と迎える日常のやり取りが、とても幸せなことのように思えました。20年春から取り組んだ「緑の井戸端」での農作業はこつこつと耕し、こつこつと世話をし、暑さに耐え寒さを辛抱すると必ず「実る」ことを教えてくれます。暑い夏、夕方井戸端に行くと涼しい風が吹いて子どもたちが気持ちよさそうでした。
平成21年 今年はどんな風が吹くのでしょう。
「強く 正しく 明るく」今年もよろしくお願い申し上げます。
園長 内田礼子

お正月は「あけましておめでとうございます」のあいさつから始まり、去った1年を反省しながら、雑煮やおせちで新しく迎えた年をどうのように過すかを誓う意味深い日です。皆様のご家庭では、どのようなお正月を迎えられたでしょうか? 新しいカレンダーや年賀状を見たり、初詣に出かけたり新年の挨拶をする事を通して、子どもたちも新しい年を迎えた喜びを感じとれたのではないでしょうか。
1月は保育園でも新春お楽しみ会が行われます。お正月遊びに新春バイキングと1年のよいスタートに子ども達・地域の方々・職員みんなで新春を祝いながら楽しみたいと思っています。子ども達、そして保護者の方々にとりまして、この1年が実り多き年でありますように。今年も又よろしくお願いします。
主任 室谷由香里


続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り新春1月号」

 園便り12月号2008.11.28
早いもので もう12月を迎えました。
何かと12月は気ぜわしく過ぎていく毎日ですが、子どもたちは楽しいクリスマスを心待ちにしているようです。
収穫祭や冬の生活、クリスマス、お正月などの絵本を見たり、冬の遊び、お正月の遊びを楽しんだりして、いろいろな行事への期待感を高められるよう各クラス取り組んでいます。
10月から11月にかけて各クラスが委員さんと相談しながら「交流懇談会」を開催しました。
小さなクラスでは親子と担任が中庭で遊びながら・・・又 弘明寺公園までの道のりを親子で歩きながら・・・ お父さんのギターで即興「ゆず」のクラス・・・ 
ばら組はティーボールの練習に汗を流しました。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り12月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.