園便り2009年6月号2009.6.29
強い日差しに冷たい水が心地よい季節になりました。
保育園でも間もなく水遊びやプール遊びが始まります。子どもたちには夏の遊びを思い切り楽しませてあげたいものですが「水」という資源やプールの維持に悩む季節でもあります。たとえば歯みがきの水、30秒流しっ放しで約6g コップ3杯に汲むと約0.6gです。ポタリポタリと蛇口から漏れる水は1日で30gになります。
大自然からの恵である水を大切にする取り組みと、久良岐の大きなプールの維持を両立させながら夏を迎えたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」

 園便り2009年5月号2009.4.30
進級 入園して1 ヶ月がたちました。朝 出勤すると事務所外にある「久良岐地蔵」の水をかえ、花壇の見回りをします。この季節の畑や花壇は日々新しい発見がありこの間まできれいな花を咲かせていた梅は青い実をつけ、園舎の壁に誘引したブドウのツルにはおいしい実を連想させる蕾が顔をのぞかせました。
5月になったのに登園時にまだ涙…というお子さんはこれまでにもいて、花壇のクリスマスローズは涙のとまらない子とある朝 種を蒔いたのでした。種から花が咲くまで3 年かかるクリスマスローズ。
私たち職員も子どもの涙に寄り添い、ゆっくり花を待ちたいと思う朝のひと時です。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り5月号」

 園便り2009年4月号2009.4.8
1日は入園式。 進級した子どもたちと入園したお友だち そして担任が挨拶をして今年度も新しいクラスで保育が始ります。
園庭の桜もきれいに花を咲かせ、子どもたちのお祝いをしているかのようです。久良岐保育園では先日 第58回卒園式を終え、すでに2700名余りの卒園児を送りだしています。この桜の木もこれまで大勢の子どもたちの笑顔や涙、日々の生活を見守って今年も又、花開いたのだと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 園便り2009年2月号2009.1.31
新春お楽しみ会 おもちつきと続き、今度は節分…
春の使者がやってくる頃となりました。
今年度はくらき祭でも餅をつき、新春お楽しみ会では地域の高齢者の方と昔の遊びを楽しみました。このように機会をとらえて日本の伝統行事や遊びを取り入れ、又それらが保護者の方々のご協力のもと行われていることに感謝いたします。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

 園便り2009年1月号2008.12.27
あけまして おめでとうございます。
昨年は食品の安全や不況など社会の問題が子どもたちの生活に影を落とすのではないかと心配な1年でした。そのような中で保護者の方々が笑顔で子どもたちを保育園に送り出し、夕方私たち職員も保護者を「お帰りなさい!」と迎える日常のやり取りが、とても幸せなことのように思えました。20年春から取り組んだ「緑の井戸端」での農作業はこつこつと耕し、こつこつと世話をし、暑さに耐え寒さを辛抱すると必ず「実る」ことを教えてくれます。暑い夏、夕方井戸端に行くと涼しい風が吹いて子どもたちが気持ちよさそうでした。
平成21年 今年はどんな風が吹くのでしょう。
「強く 正しく 明るく」今年もよろしくお願い申し上げます。
園長 内田礼子

お正月は「あけましておめでとうございます」のあいさつから始まり、去った1年を反省しながら、雑煮やおせちで新しく迎えた年をどうのように過すかを誓う意味深い日です。皆様のご家庭では、どのようなお正月を迎えられたでしょうか? 新しいカレンダーや年賀状を見たり、初詣に出かけたり新年の挨拶をする事を通して、子どもたちも新しい年を迎えた喜びを感じとれたのではないでしょうか。
1月は保育園でも新春お楽しみ会が行われます。お正月遊びに新春バイキングと1年のよいスタートに子ども達・地域の方々・職員みんなで新春を祝いながら楽しみたいと思っています。子ども達、そして保護者の方々にとりまして、この1年が実り多き年でありますように。今年も又よろしくお願いします。
主任 室谷由香里


続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り新春1月号」

 園便り12月号2008.11.28
早いもので もう12月を迎えました。
何かと12月は気ぜわしく過ぎていく毎日ですが、子どもたちは楽しいクリスマスを心待ちにしているようです。
収穫祭や冬の生活、クリスマス、お正月などの絵本を見たり、冬の遊び、お正月の遊びを楽しんだりして、いろいろな行事への期待感を高められるよう各クラス取り組んでいます。
10月から11月にかけて各クラスが委員さんと相談しながら「交流懇談会」を開催しました。
小さなクラスでは親子と担任が中庭で遊びながら・・・又 弘明寺公園までの道のりを親子で歩きながら・・・ お父さんのギターで即興「ゆず」のクラス・・・ 
ばら組はティーボールの練習に汗を流しました。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り12月号」

 園便り11月号2008.10.31
天候の良い季節を迎え、運動会などを通して協力することで味わった面白さをいろいろな場面で経験しようとしながら、元気に遊びます。けんかで遊びが中断してもそれで終らず、話し合うなどして 又遊び続けようとします。
互いに励ましあったり、助け合う生活の中で「ありがとう」が言える子どもに育ってほしいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り11月号」

 園便り10月号2008.10.24
気温の変化や結実・紅葉から、移りゆく自然の美しさを感じる季節になりましたね。どのクラスも散歩や園外保育の中で、木の実ひろいや、落ち葉で遊んだりと秋ならではの保育を考え始めています。
ますます深まる秋。
実り多き秋になるといいですね。
 さて、運動会を目前としてクラスでの練習にも熱が入ります。保護者の方に自分の成長を見てもらいたくて頑張って練習に励む子どもたちです。なんと言っても久良岐の伝統である年長に竹馬。また広い園庭を駆け巡ってきた子どもたちの成長の証でもあるリレーも見どころ。 
どの子どもも運動や遊びを通して、心も体も大きく成長してほしいと願っています。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り10月号」

 園便り9月号2008.10.24
暑い 暑い夏でした!
でも夏が暑い分、水の気持ちよさは格別です。
4日のプールおさめでは、各クラスがこの夏のプールでできるようになった事を披露します。水をこわがらなくなった子ども、顔を水につけられるようになった子ども、体の力を抜いて水に浮けるようになった子ども、泳げるようになった子ども… それぞれが「できるようになった!」という自信の夏だったと思います。それにしても久良岐には二つのプールがあり、幼児のプールは他に例を見ない大きさです。たくさんのお水がたまるこのプールの維持に来年はますます頭を悩ませそうです。

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り9月号」

 園便り8月号2008.10.24
暑い! 本当に暑いですね!
朝、出勤すると植物への水やりが欠かせません。今日1日 夏の太陽に負けるな!と水を撒いていると次々と子どもたちがやってきます。
汗びっしょりは子どもだけでなく、自転車をこぐお父さん お母さんも同じです。
いってらっしゃいの後は また汗でしょうに
こんな音が聞こえてきました。自転車の「チリンチリン」というベルの音です。ご自分が自転車で保育園を遠ざかる時にチリンチリンと子どもにベルの音を残していくのです。
耳に残るベルの音はすぐに聞こえなくなりますが、お母さんの気持ちはいつまでも子どもの胸に残るのではないでしょうか。今日も行ってらっしゃい!

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り8月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.