2016年10月号2016.9.29
雨が続いた9月。
そんなある日の夜に園内研修が行われました。昨年度から「環境と保育」「食育」に関して講師をお招きし継続した職員研修を実施しています。いずれも講義を聞くだけでなく、前の回で助言をいただ
いた事について4ヶ月間取り組みその経過報告をします。
できなかった事も言葉にしてその原因を探り解決法を考え、又次の課題を見つけて助言をいただく研修です。
又ある時はクラスのリーダーを対象としてワークショップ形式の研修を継続するなど参加の方法も様々。
音楽指導の午後には泰子先生と担任は画像を用いて振り返りタイム。
椅子の座り方(姿勢も)がちょっと?講師から指摘があれば、子どもたちの生活 体幹 椅子のサイズ を思い、座禅をしてみるのは?
との意見も飛び出します。さらにお家ではどうなのかなも気にしつつ、今月は「椅子」についての園内研修を入れました。
子どもの椅子のすべてのサイズとテーブルの高さには「理由」があるのです。
これは楽しい!研修です。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り10月号」

 2016年9月号2016.9.2
 7月の園舎引越しの後も事務所の機能は旧園舎に残っていましたが、9月には園長も仮園舎に移ります。
 園舎45年分の時間と物を整理し移す作業の中で「終了児名簿」をあらためて見ていました。
 卒園証書番号 一番の子どもは、終戦前後の昭和20年生まれ。
 今 71歳です。半年余りを保育園で過ごし9名が卒園しました。
 一人ひとりの子どもと保護者の名前にふれながらどのような時代だったのだろうかと想像をしてみます。
 昭和26年の保育園と平成28年の保育園で随分と社会から求められるものが違っていますが、子どもをおもう気持ちは変わりません。
 久良岐のお地蔵様も仮園舎の入り口で今日も子どもを見守っていて下さいます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り9月号」

 2016年7月号2016.7.4
いよいよ仮園舎が完成します。
「仮」とは言っても子どもが1年8ヶ月を過ごす園舎です。「強く 正しく 明るく」の理念のもと、子どもがいきいきのびのびと生活できるよう、子どものお部屋は全室1階で広い空間になっています。
小さい子どものかわいらしさを幼児が感じ、乳児は年長のたくましさに憧れを抱けるよう廊下をはさんだワンフロアの保育室。この空間にどんな可能性があるのかは、これからのお楽しみ。
新しい環境は私たちにとっても初めてで、予想外の危険がどこにあるのかなど、状況への対応がたくさんある事と思います。
まずは滞りなく引っ越しを済ませて仮園舎での生活をスタートさせることが今月の目標です。保護者の方には園だよりやいくつかのお知らせでご案内をいたしますので、どうぞご協力をお願い致します。
ご不明の点は遠慮なくお尋ね下さい。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り7月号」

 園便り2016年6月号2016.5.28
いよいよ仮園舎全体が見えるようになりました。
「大きくて広い」仮園舎です。これまで約1年9ヶ月を過ごす環境について十分に検討をし、仮園舎においても積極的な外遊びの増進と、保育の質の維持のために26年度から講師を招いて「理念と保育環境」をテーマに園内研修を実施して参りました。
7月中頃を目途に引っ越しの準備を進めていますが、工事に焦りは禁物です。完成しました時には保護者の皆さまに新園舎での生活についてご案内をいたしますので、もうしばらくお待ち下さい。
久良岐会館の完成は平成30年3月。長い工事になりますが皆さまのご協力をお願い申し上げます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」

 園便り2016年5月号2016.4.30
どこかのクラス便りに「challenge」という言葉がありました。
4月の子どもは新しい担任や保育室新しい環境にむかってまさにchallenge!そして子どもの行動をよくみていると小さなchallengeの連続だということにあらためて気がつきます。
 少し向こうに見つけたおもちゃまでずりばいをして手が届くこと、つかまり立ちをしたいけれど何度も尻もちをつきながら又立ち上がること、カプラ(積み木)を高く重ねては崩れまた最初から積んでいくこと、靴がはけた、ひとりでTシャツが脱げた!着られた!などchallengeはいっぱい。
 そんな時の子どもはひとりでできるもん!と胸をはっているかのようです。わたしたち保育者は「ひとりでできた」と子どもが言えるようになるために、保育室に子どもの発達にあったおもちゃを用意し、子どもが自分で友だちとの遊びを始められるよう保育者がお部屋のどこにいるのがいいのか、声の大きさやお話しの速さはどうかなど位置や距離感について考えています。

 緑色の風が心地よい季節。鳥の声風の音時には雨の音、そしてたくさんのひとりでできるもん!
をさがしていきたいと思います。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り5月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.