2017年4月号2017.4.3
入園 進級、おめでとうございます。

29年度は32名の新しいお友だちが加わりにぎやかなスタートとなりました。
昨年夏に仮園舎に越してきて、今年は隣りに新会館(新園舎)が建っていく様を感じながらの保育になります。
思い返すと一昨年は「保育理念と環境 環境と保育」をテーマに職員研修を実施しました。今年度は3月末を目途に新園舎に戻ります。その後、仮園舎を解体し園庭を戻してようやく工事は終ります。まだまだ先の長いプロジェクトですが、仮園舎においても久良岐が大切にしている保育は変わらない!よう努力を続けていきたいと思います。
28年度卒園の皆さんより新園舎への植樹と記念のプレートをいただきました。
園庭復元の折に使わせていただきます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 2017年2月号2017.1.24
豆まき
2月3日は節分です。
鬼は仮園舎に来てからどうやって暴れようかと悩んでいるそうです。
しかし今年も鬼を退治し、春の使者の訪れを喜びましょうとの願いは変わりません。
さて、今月は嘱託医の交代についてお知らせをします。
長く南区の母親と乳幼児の保健にご尽力いただき、嘱託医をお願いしてきました岡澤江美子先生が久良岐保育園を「卒業」されます。
次の嘱託医は弓削医院(南区睦町)弓削邦夫先生です。
すでに28年度は弓削先生に健診をお願いしておりましたので子どもたちも覚えているかもしれません。早速2月9日午後には後期の健診の予定です。
立春を迎えましても寒さは続きますから、子どももおとなも「栄養と休息」を心がけ元気に過ごせますように。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

 2017年1月号2016.12.31
あけましておめでとうございます。
保護者の皆さまには、仮園舎への引越し以来登降園のお仕度や保育の事、又園舎解体に伴いご不便をおかけしています。おかげさまで現在旧園舎の解体はほぼ終了し2月には新会館建築にむけて地鎮祭を執り行う予定でおります。
仮園舎においても保育の質の向上を目指し、今年も努力を続ける1年にしたいと思います。
引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り1月号」

 2016年11月号2016.10.26
10月の保育参加・給食試食会には25名もの方が保育に入って下さいました。
この取り組みは保護者に「参観」ではなく「参加」をしてもらい、園の活動により理解と協力をいただければと始めました。
時には保護者がクラスで歌っている曲のギター伴奏やティーボールのコーチもして下さった時もありましたし、ご自分のお子さんだけでなくミニ保育士さんになってお手伝いをいただくこともお願いしています。今回もこの趣旨をご理解下さり、皆さんがクラス全体の子どもの保育をサポートして下さった場面がいくつもあったと担任から聞いています。ありがとうございます。
11月も保育参加は続きます。保護者の皆さんもその日の保育の大切なメンバーです。
これからもどうぞよろしくお願いします!

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り11月号」

 2016年10月号2016.9.29
雨が続いた9月。
そんなある日の夜に園内研修が行われました。昨年度から「環境と保育」「食育」に関して講師をお招きし継続した職員研修を実施しています。いずれも講義を聞くだけでなく、前の回で助言をいただ
いた事について4ヶ月間取り組みその経過報告をします。
できなかった事も言葉にしてその原因を探り解決法を考え、又次の課題を見つけて助言をいただく研修です。
又ある時はクラスのリーダーを対象としてワークショップ形式の研修を継続するなど参加の方法も様々。
音楽指導の午後には泰子先生と担任は画像を用いて振り返りタイム。
椅子の座り方(姿勢も)がちょっと?講師から指摘があれば、子どもたちの生活 体幹 椅子のサイズ を思い、座禅をしてみるのは?
との意見も飛び出します。さらにお家ではどうなのかなも気にしつつ、今月は「椅子」についての園内研修を入れました。
子どもの椅子のすべてのサイズとテーブルの高さには「理由」があるのです。
これは楽しい!研修です。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り10月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.