2017年10月号2017.9.28
仮園舎の隣で進められている建築工事。新しい会館の鉄筋が上へ上へと伸びてきました。
今は2階の床が見え、ここから外壁を造るため工事全体が足場で囲まれてきますから、工事の進捗も大きく変化をしてきます。
又、30年3月に完成し引越しをした後には仮園舎の解体と園庭の復元が待っています。
現在、保育園・乳児院の代表メンバーがプロジェクトを立ち上げ新しい園庭の使命や役割り機能などについて具体的に作業を進めています。
まだまだ長い道のりですが、保護者の皆さまには、引き続きご協力をいただき改築全体を進めたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り10月号」


 2017年9月号2017.8.31
8月26日(土)は久良岐母子福祉会職員「納涼会」を開催しておりました。
今年は少し特別で、2年前の母子生活支援施設の移転、保育園仮園舎の建設、乳児院の引越し、そして新久良岐会館の建設の画像をDVDにまとめ見る機会になりました。
それは工事の進み具合を見る事が目的ではなく、ここにいきつくまでの歴史と思いを皆で共有し、久良岐の原点を自分のエネルギーにする!ものです。
しかし先生方の感想を聞いていると、だれもここ(仮園舎)が「仮」の園舎だとは思っておらず、ここも私たちの仕事をする場所であり日々の仕事の誇りと志しが強く伝わってきました。
工事はいよいよ上へと伸びていきます。これからもどうぞご協力をお願いいたします。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り9月号」


 2017年8月号2017.7.28
暑中お見舞い申し上げます。
今日も朝から夏の陽ざしが照りつけます。汗を拭きながら耳をすませると、仮園舎にも蝉の鳴き声がにぎやかに聞こえてきます。
2年前の夏は今の駐車場はプールで駐輪場の花木には毎朝蝉の抜け殻がたくさんありました。来年の今頃は仮園舎の取壊しも終わり新しい園庭で子どもたちは虫探しをしていると思います。一方で多くの方が激しい雨や竜巻など予期せぬ夏の気象に被害を受けています。
どうぞ少しの間でいいですから、本来の日本の夏の豊かさと安息を…と願わずにはいられません。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り8月号」


 2017年7月号2017.6.29
仮園舎に移ってちょうど1年。
去年の今頃は引越し直後の子どもの生活と給食の心配をしていました(園舎 お別れ会もありました)
今日も子どもたちの笑い声や時々の泣き声歌声が聞こえてきますのも保護者皆様のご協力のおかげだと思っています。ありがとうございます。
年末から1月頃には新会館の外側ができ、内側の工事を経て3月には引越し予定。
卒園式は新会館!が合言葉です。
暑い夏も今の環境を最大限に活かし、久良岐らしく保育をしてまいります。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り7月号」

 2017年6月号2017.6.29
いつもなら春の親子遠足に行って、園児全員とそのご家族を感じる機会がありました。
しかし今年の全員集合!は10月7日運動会になってしまいました。
130名もの園児がいるのにみなさんは登降園の時間はおおよそ決まっているので、たくさんの人に出会うことは、あまりありません。
もうひとつ遠足で実行できなかった事。
職員の紹介写真が撮れなかったことです。
これは近日中に掲示をします。久良岐保育園の保育を担っている職員ですから、いつかそれぞれのfavoriteについても少し載せてみたいと思っています。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り6月号」

 2017年5月号2017.4.28
5月から「保育参加・給食試食会」が始まります。
すでに配布したお便りにあるようにお子さんの様子をみるための「参観」ではありません。
お父さんやお母さんに職員のお手伝いをしてもらい保育の体験をしてもらうことがねらいです。
クラスの子どもたちと遊び、一緒に散歩に行く時にはご自分のお子さん以外のお友だちと手をつなぐこともあります。ギター大好きなお父さんが参加された日は楽器持参で歌の輪が広がったこともありました。
0,1歳児クラスの保護者は2歳児クラスで、2歳児以上の方はお子さんのクラスで給食も食べます。手伝いをしていただくので写真などは撮れません。
年に7つの月で実施予定です。よろしければご参加下さい。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り5月号」

 2017年4月号2017.4.3
入園 進級、おめでとうございます。

29年度は32名の新しいお友だちが加わりにぎやかなスタートとなりました。
昨年夏に仮園舎に越してきて、今年は隣りに新会館(新園舎)が建っていく様を感じながらの保育になります。
思い返すと一昨年は「保育理念と環境 環境と保育」をテーマに職員研修を実施しました。今年度は3月末を目途に新園舎に戻ります。その後、仮園舎を解体し園庭を戻してようやく工事は終ります。まだまだ先の長いプロジェクトですが、仮園舎においても久良岐が大切にしている保育は変わらない!よう努力を続けていきたいと思います。
28年度卒園の皆さんより新園舎への植樹と記念のプレートをいただきました。
園庭復元の折に使わせていただきます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り4月号」

 2017年2月号2017.1.24
豆まき
2月3日は節分です。
鬼は仮園舎に来てからどうやって暴れようかと悩んでいるそうです。
しかし今年も鬼を退治し、春の使者の訪れを喜びましょうとの願いは変わりません。
さて、今月は嘱託医の交代についてお知らせをします。
長く南区の母親と乳幼児の保健にご尽力いただき、嘱託医をお願いしてきました岡澤江美子先生が久良岐保育園を「卒業」されます。
次の嘱託医は弓削医院(南区睦町)弓削邦夫先生です。
すでに28年度は弓削先生に健診をお願いしておりましたので子どもたちも覚えているかもしれません。早速2月9日午後には後期の健診の予定です。
立春を迎えましても寒さは続きますから、子どももおとなも「栄養と休息」を心がけ元気に過ごせますように。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り2月号」

 2017年1月号2016.12.31
あけましておめでとうございます。
保護者の皆さまには、仮園舎への引越し以来登降園のお仕度や保育の事、又園舎解体に伴いご不便をおかけしています。おかげさまで現在旧園舎の解体はほぼ終了し2月には新会館建築にむけて地鎮祭を執り行う予定でおります。
仮園舎においても保育の質の向上を目指し、今年も努力を続ける1年にしたいと思います。
引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り1月号」

 2016年11月号2016.10.26
10月の保育参加・給食試食会には25名もの方が保育に入って下さいました。
この取り組みは保護者に「参観」ではなく「参加」をしてもらい、園の活動により理解と協力をいただければと始めました。
時には保護者がクラスで歌っている曲のギター伴奏やティーボールのコーチもして下さった時もありましたし、ご自分のお子さんだけでなくミニ保育士さんになってお手伝いをいただくこともお願いしています。今回もこの趣旨をご理解下さり、皆さんがクラス全体の子どもの保育をサポートして下さった場面がいくつもあったと担任から聞いています。ありがとうございます。
11月も保育参加は続きます。保護者の皆さんもその日の保育の大切なメンバーです。
これからもどうぞよろしくお願いします!

園長 内田礼子

続きはこちらからダウンロードしてください。 → 「園便り11月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
[管理]



 HOME  施設概要  カレンダー  写真館  久良岐の保育  園便り  Smail  Smile+ Smile++| 

Copyright (C) Kuraki Hoikuen All rights.reserved.